週に一回は書きますよ 月に4つ記事を書けばノルマは満たされます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kagura散神無さんをちょっと中断してdead-lierさんに戻ってみたところ、 竜が簡単に倒せるようになってました。感動。

以前と戦法を変えて、左側の翼(右翼?)を集中攻撃して落とすようにしています。今まで左右を一段階ずつ削っていたのに比べて、移動の手間が省ける分こちらのほうがたくさん攻撃できます。また、第一段階の針弾を目の前でよけなくていいのもかなり楽です。

それ以前にこのゲームは覚えゲーなので、楽になって当然かもしれません。

ところで、覚えгなどと変換するIMEはどうしたものか。

スポンサーサイト

涅槃でずっと俺のターンばかりやっているとよくない、特に

  • 敵のパターンを記憶しようとしない。
  • 弾が偶数か奇数かもわからない。

という弊害があるので、蓑亀は中止しました。今は散神無を使っています。こいつの特徴は次のとおり。

  • 普通にシューティング。普通の打ち込みと副武装のナパームで結構な火力がある。
  • 副武装のサテライトレーザーは溜めないと撃てないので、はじめの一撃に使用。
  • ボムでSOLが2しか減らない。ボムが安い。
  • 普通に打ち込むので、普通はサプレッションレイディアスは起動していない。
  • ノーコンティニューで4面クリアしないと使えない。

今までサプレッションレイディアスに頼っていたので、二面や三面でぽろぽろ落とします。一方なぜか竜にはめっぽう強く、ほとんど落とさずに竜を倒せるようになりました。サテライトレーザーLv3とナパームを当てるだけで羽が一段階落ちるのが強いと思います。 今のところは6面を突破したのが最高記録です。

今までの機体と比べると、非常に普通です。遠くから普通に撃っているのが逆に斬新に感じます。今までどれだけ近接していたのかと。

ところで土曜日はなぜかまったく方向感覚がつかめずうろうろしまくってました。秋葉原はちょっと苦手で、特に駅周辺の地形がまったくわからないのです。

少し考えて思い当たったことがあります。私はJRの駅の北西側を秋葉原の中心と見て、それ以外の側をすべて「線路の反対側」と認識しているようです。さらになぜか西側を上にした地図と北側を上にした地図の両方を適当に覚えています。このあたりでコリジョンが起こっています。

具体的な症状はわかるだけで以下のとおり。

  • 万世橋警察署がどこかわからない。
  • 末広町に行くのに、中央通りを通ってから末広町をスルーして西に歩き始める。

後者は、中央通を東に歩いている気分と、あと末広町は北にあるという知識から生じた奇行です。

二つ前のHellsinkerの記事が異常に醜かったので編集するも、なぜか編集が消えました。

書き終えてプレビューを見たところで、「セッション期限が切れたのでもう一度ログインしてください」といわれました。ログインしたところ、下書きもきれいさっぱり消えました。がっかりです。


この記事、実は下書きだとそれほど醜くないのです。 これはCSSが変なことをやっているに違いありません。 テンプレートを確認したところ、p,ul,liが周囲の飾りの整形に奪われていました。 これはひどいということで適当に修正してみました。

たぶん見た目が変わりましたが、いかがでしょうか。

ブログサービスの不調のせいで、もっと根本的な問題を解決してしまった予感。


確認したら記事はきれいになりました。しかし左右の最近の記事などが間の抜けた感じに。<p>や<li>を使っているようです。そもそもこの部分を編集するためにpやliのマージンが削られていたようです。仕方ないのでいったん編集を元に戻してやり直します。


再び調整。ちょっとよくなったでしょうか。ul-liがまだ醜いですが。

土曜日はドバイから友人の友人が来ていたので、秋葉原を案内しました。

  • 集合方法が適当でも大丈夫だった。
  • ひげは生やしていない。
  • とりあえずメイド喫茶
    • PSPでガンダムOO
    • クライシスコア
  • 大量のお土産にはEMS
    • しかしフィギュアの群れ。
    • そこで大箱。
    • 大箱3つ。
  • 大嵐
    • 傘崩壊
    • さらに傘破損。合計4本中2本破損。
  • DSの翻訳ソフトは役に立つんでしょうか><
  • dangerous Hugo
  • さらにメイド喫茶

思ったより普通の人でした。かなりotakuですが。

そういえば


Hellsinkerが非常に面白いです。

数年前の体験版からの癖で、しばらくはdead-lierを使っていました。 適当にオプションを撒きながら近接攻撃するくらいで、3面まではほとんど無傷で通過できます。 こいつの近接攻撃はこうズバッと切る感じが好きです。 しかしただひとつ問題がありまして、4-5面から先まで行けません。 4面の竜に7機から一気に2機くらいまで減らされたりしていました。

気分転換で機体を変更して蓑亀に変えたところ、あっとゆうまに6面まで到達しました。 この機体は簡単すぎます。溜め攻撃に「無敵地帯生成」があるというのが異常です。大体の危険な箇所は溜め攻撃で回避でき、さらに危ないときは「溜め攻撃→無敵が切れる前にボム→ボム中に溜めて無敵を切らさない」なるコンボで長時間弾幕から逃げられるという超卑怯仕様。仕舞いには8面まで突破してしまいました。エンディングがTrueでないというおまけつき。

Blokus Duo

結局送りませんでした。

  • 単純なαβ-cutだけ、しかも遅いのしかできなかった
  • 型を間違えて、AIの稼働中に途中で切って答えを返したりするのが難しかった。
  • Haskellの高速化の方がC++での再実装より楽しかった。
  • ブロックをおけるか置けないかの判定をビット演算でできることに気づいたものの、フィールドの実装があまり抽象化されてなくてその高速化を入れられなかった。

なんて理由よりもむしろ直前の週末にやる気が(ry。

型を間違えたときにというところは、ただHaskell Programmerとして未熟なだけです。本当のプログラマにはまだ道のりが遠いです。


10/14/2007 ちょっと加筆。

祖母に買ったPCのメモ。

  • ドスパラ Prime Magnate GCD
    • Core 2 Duo E4400(デュアルコア / 2GHz / L2キャッシュ2MB)
    • Intel 945GC ExpressマイクロATXマザーボード
    • 1GB メモリ(DDR2 SDRAM )
    • 160GB ハードディスク (7200rpm / シリアルATA II)
    • DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R×18/ DVD-RAM×12/ DVD2層書込み対応)

これを50GBと100GBに切ってXP Home入れてOffice入れて終了。

もわさん曰く、

> 今更 XP でしかも home かよ!

Blokusぜんぜん触れてないです。これは厳しい。

Haskellによるプロトタイプしか出来ていません。UIとα-β刈りだけのCPUと、あとは奇妙な試行錯誤。 いまだに一定時間で探索を打ち切るという仕組みになっていないのがなんとも。 Blokusの盤面は普通配列で管理すると思うのですが、 Haskellはそもそも配列が面倒くさいです。具体的にはたなかさんの超昔の日記とか。

祖母のコンピュータがおかしいというので直してました。

  1. 「起動すると変なメッセージが出る」といわれる
  2. 確認すると「Disk error」
  3. knoppixで起動してmountに成功するも、lsするとエラー。

結局コンピュータを新調しました。

次は壊れたハードディスクの解析です。メールやら何やら入っているので、可能ならそれらを取り出せればと思います。 まずUltra DMA 5をつなげられるマシンが無いという問題がありますが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。