週に一回は書きますよ 月に4つ記事を書けばノルマは満たされます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうそう、免許取得の際に初献血しようとしたら献血に失敗しました。はじめに断っておくと、別に血液が毒々しかったとかコレステロールばかりだったわけではありません。

免許合格発表から免許交付までは一時間以上間があいていて暇でした。 府中試験場は周囲に何もなく、殆どすることがないです。本当に試験場とバス停しかありません。

うろついていると、献血の車がいるのを発見。今まで献血したことがなかったので、せっかくだから献血してみました。おそらく献血車は試験場に常駐していて、こういう受験者を勧誘しているんでしょう。

受付に行くと説明とともに申込書記入がありました。ついでに血液検査をしてくれるようなので全部頼んでみました。定期健康診断の血液検査では肝機能しか調べてくれず物足りなかったので、渡りに船です。健康診断は年を取ると検査項目が増えるのでしょうか。

受付が終わると(多分)医師による問診と採血。この採血は普通の採血のときの量しか採りませんでした。血液検査用のようです。その場で採った血を検査キットに分けてゆくのが驚きですが。

採血の後が献血です。パラマウントベッドみたいなやつに横になって、採血されたのと反対の腕から献血するのですが、ここでなんと針が入りません。針は腕には入るのですが、血管に入らず血が出てきません。今まで採血は失敗したことはないんですが、さすがに献血用の針は難しいのでしょうか。どうも刺そうとすると血管が逃げるらしいですが。

結局しばらく右腕をごそごそかき回した後、血が採れずにあきらめました。献血中止だとついでに血液検査も中止で、結局わかったのは血液型だけでした。血を採られただけ><

スポンサーサイト

半休取って自動車免許を取得してきました。場所は多磨霊園。運転免許試験場は平日しか卒業試験しないという社会人泣かせ仕様なので、有給払っていきました。

試験場は予約も何もなしで行けます。でも正直予約を受け付けろと思います。試験会場がいっぱいになったら、その後に来た人は受けられません。そのため、受付は8:30からなのに、混む時期は8時前から門の前に並び始めるそうです。私も少し早めに行ったのですが、今日も8時8分くらいにはすでに敷地の外まで人が並んでました。

試験は見たことない問題がいましたが問題はありませんでした。むしろ私の前後二人とも落ちたとか、結局合格率は58%しかないとかのほうが驚きです。確かに引っ掛け問題のオンパレードですが。

10月末から取り始めたのでおおよそ3ヶ月で取得したことになります。通ったのは土日と、それから平日の19:00からの技能か、8:00--9:00の学科/技能を大体週一回とるか取らないかくらい。土日は取るときは3-4時間ずつとっていましたが、予約しだいで土日のどちらかしか取れないとか適当に取っていました。一月はかなり詰め込んで、1/5,6と五時間技能と六時間学科を取ったりとかしましたが。

負担だったのは技能の初期と路上の初期ですね。この辺はかなり疲れました。慣れないし。寄せられないとか大回りになるとかばかりでした。あと環八怖い自転車怖い。真正面から自転車が向かってきたらどうしろと。

とりあえず週末に国際免許取ってきます。

twitterをはじめてみました。とりあえず知っている人を登録しましたが、これではただのIMです。まだ活用できてない..

面白そうな集まりがあります。参加したいのですがほぼ確実にその時期は本社にいそうな気がします。

と思ったら仲間を発見。これは勝手にカリフォルニア会場を作るしかないでしょう。

心配された雪はまったく降らなかったので、安全に技能試験を受けてきました。 「合格だけどあんまりよくねえな」とか言われましたが。

というわけで普通自動車教習は卒業です。2月前に終わってよかったです。1月はかなり無理をしましたが。 次は学科試験です。府中に行ってきます。

しかし試験場は平日しかやってないんですか。計画が狂いました。でも受けますよ。

ひょんなことから電脳コイルを全部通してみてしまいました。 一週間前に3話あたりまで見たときにはあまり興味はありませんでしたが、4話後半からものすごい勢いで取り込まれて、最終話まで通してしまいました。恐ろしいです。

サッチーが好きです。はじめは興味はなかったと書きましたが、それでも「ぼくサッチー。よろしくね」だけはちょっとマイブームでした。ポイントは序盤の無邪気さと無敵さです。無邪気で無敵っていうと、昔のゲームの敵キャラです、パックマンみたいな。単調な動きだけどあたると死ぬみたいな。こういうゲーム的な感じが面白かったのでしょうか。 特に2話だったか3話だったか、二匹目が出てきて子供が驚く場面はかなりつぼです。手に汗握るだけじゃなくて、「お、そうきたか」みたいな感じ。

一方、中盤でぶっ壊されてからは扱いが雑魚キャラ化した感じがして残念でした。後で弱くなるのは序盤の強敵の宿命でしょうか。もうサッチーは邪魔なだけですか。と思っていたらラストで化けて感動。

サッチーがつぼだったり4話後半で興味をもったり、私は電脳コイルのゲーム的部分しか見てませんね。もっとまともな感想はないんでしょうか。攻殻機動隊かと思ったらトトロだったとか、トトロだと思ったらホラーだったとか。ヤサコだと思ったら黒ヤサコだったとか。

雪はさすがに予想してませんでした。ちょっと困ったことになりそうです。困った困った。

メモ

Adobeのフラッシュ配信技術の名前がflashcastで、それを利用したdocomoのサービスがiチャネル。待ち受け画面の下に電光掲示板が流れていたらそれがiチャネルです。

どうも個人で試す代物ではないように見えます。最後の人は個人に見えますが会社単位で実験してますか?

今まで使っていたのがWEPだったのでさすがに変更。新宿ミック\h\h\hビックカメラで安物の無線ルータを買ってAPにしてみました。

ものはplanexのBLW-54CW3を五千円で。意外なことに有線ポートが3つついていたので、ハブ代わりになってコンセントがひとつ開きました。

  • httpインターフェスで設定が出来る。ただしFirefoxを使うと設定は見えるものの、設定変更が機能しない。設定しても設定しても元の値に戻る。IEをつかうべし。
  • APモードでもDHCPを動かそうとする。DHCPを有線ルータで流している場合には、APのDHCPはクライアントモードにして無効にするべし。一回これを忘れていて、無線の接続確認して安心したしばらく後に無線につながらなくなった。はじめに接続確認したときは有線ルータからのIPが、後で接続したときは無線APからのIPが割り振られた模様。
  • Let's Note W5Lで無線の暗号化をWPA2-AESにするにはintel PROSetが必要脆弱性があるので最新版で(たぶん)回避。

よく見たら最後のはものすごい欠陥ですね。今回買った無線APとは何も関係ありませんが。

車の話です。残り学科、技能ともに3時間ずつ。順調に行けば今月中に終了できます。つまりつきつめていくと次の出張はレンタカー付でしょうか。101が初コースとか厳しい。

16ビットCPUのころは64Kより多くのメモリにアクセスするためにセグメントレジスタを使っていました。しかし32ビットCPUになってからは、セグメントレジスタって何をしているんですか?

まじめにはじめての486を読んで、彼らが何をしているのか勉強しました。メモリ関係は本当に何も知らなかった、あるいは勘違いもはなはだしかったので非常に役に立ちました。勘違いはたとえば、アドレス変換はプログラムローダーがプログラムをロード時に書き換えてるとか。

このくらいのことは知っていないと、What Every Programmer Should Know About Memoryが読めませんでした。読んでいても誤読が多すぎでした。

あるflashのコードが、ブラウザ上だと正常に動くんですが、N905iの携帯ブラウザだとさっぱりうまく動きません。あるMovieClipをフラッシュの中で動かすと、そのMovieClipがばらばらになります。手順は以下のとおり。

  1. 環境はmtasc 1.13 とswfmill 0.2.12 @ Windows XP.
  2. MovieClipの上でcreateEmptyMovieClip()して、新しいMovieClip hogeを生成する。
  3. hogeの上に絵を描く。
    with(hoge) {
      beginFill(0x0000ff);
      moveTo(0, 0);
      lineTo(47, 0);
      lineTo(47, 47);
      lineTo(0, 47);
      lineTo(0, 0);
      endFill();
    }
  4. hoge._x, _yを操作してhogeを動かす。
  5. 携帯でその様子を確認すると、(3)で描いた正方形が、_x, _yの変分よりも大きく動く。正方形が長方形になったりする。

以下、実験してわかったこと。

  • createEmptyMovieClip以外の、普通にattachMovieClipで生成したMovieClipでも発生。
  • MovieClip内のMovieClipやTextFieldはずれない。beginFillやlineStyleで直接描画した絵だけずれる。
  • 描画したときとx座標かy座標が合っているとずれない。斜めに動かさないとずれない。
  • ff2 with Adobe flash playerでは起こらない。

サンプルは物置の中のloadtest.swfです(直リンクできなかった。)上段には、左から順にMovieClip(中身はTextField), MovieClip(画像リソース), MovieClip(中身はbeginFill)を、下段には TextField, createEmptyMovieClip+beginFill, 直接beginFillを配置しています。そして2,4,6,8キーを押すと全体が上下左右に動きます。これをN905iで確認すると、右上と真ん中下がずれるのがわかります。

何かまずいことをしている気がします。mtascやswfmillのオプションが不十分だとか。 そういえばmtascでもswfmillでもフラッシュの大きさを指定しているのに、余裕でそれより大きくなります。指定がいろいろ間違っているかもしれません。

やっと当初の実験ができるようになりました。まだ実験ですが。フラッシュのフォーカスやらイベントやらがどんなタイミングで起きるのかを調べていました。フラッシュの中にfocusを取れるオブジェクトを大量において、tabやらマウスクリックやら矢印キーやらでフォーカスを動かします。そのためにMovieClipを大量に生成して配列に保持していたのですが、なぜか生成したMovieClipが後で変更できませんでした。

最後の障壁はオブジェクトの初期化忘れでした。Arrayは宣言しただけで使えると思っていました。つまり配列が存在していなかったので、オブジェクトがまったく管理できていなかったということです。オブジェクトの生成には成功していたので原因がつかみにくかったです。

その他の罠。それから知ったこと。

  • Numberも初期値はundefined。0ではありません。
  • 携帯で上下を押すと、Key.getAscii()はtab。
  • 携帯では、画面外に追い出されたMovieClipは選択できなくなる。firefox 2なら、画面外のMovieClipもtabで選択できる。
  • N905iのニューロポインタを動かすと、MovieClipの上を通るだけでonSetFocusが呼ばれる。ちなみにこのときはonKillFocusは呼ばれない。
  • 携帯のKey.getCode()は非常に怪しい。getAsciiのほうがよさそう。

初売りなるものを冷やかしに行って来ようと思い、新宿まで行って来ました。

伊勢丹の初売りはすごいですね。開店前、地下の入り口に開店待ちの人が並んでいたのですが、その列が新宿三丁目の端から端までできていました。伊勢丹に行かなくてよかった。

行ったのはOIMENでした。人は多かったですがそんなに苦しくはありませんでした。店が男性向けで男性しかいなかったからでしょうか。本当の初売りはもっと酷いのでしょう。

おかしいです。直前三つの記事はどうみても日付と関係ありません。 そもそもこの日記の大きな特徴として、日常が少ないことが挙げられます。演奏会にいったとか忘年会にいったとか、普通の日記に書くようなことを書いていません。面倒だからです。

しかしせっかくなので書いてみます。2007年はこんな年でした。

  • 1月 修論を書いていました。年末にノートがぶっ壊れたのでそのままthinkpadを買ってあまりの高速化に驚いた覚えが。それからずっと使っています。
  • 2月 なにしてだだろう。DSのゲームを買ってみたり変な論文を追ったりしていたような。
  • 3月 大学を出ました。29日だか30日だかに発表したのが最後だったり。
  • 4月 社会人になりました。
  • 4--6月 渡米。英語が英語が。かなり右往左往でしたが何とかなったような気がします。一方、結婚式を2つ、葬式を1つ参加し損ねました。非常に残念です。そのほかはマリオカート。
  • 7月 帰国。ICFPC。今年はいろいろ難しかったです。
  • 8月 ICFPCの余波。あまり速くはできませんでしたがseqや正格性などがちょっとわかった気がします。
  • 9月 また渡米。初NY。この辺でBlokusをやっていましたが結局ぜんぜん弱いまま挫折。
  • 10月 祖母のコンピュータを新調したりドバイの友人を案内したり。あとHellsinker。それから自動車教習所に通い始めました。ちなみにただいま第二段階で、あと学科7つ、技能14つくらいだったと思います。
  • 11月 なぜかquicksortの三項メジアンの速さを調べてます。これを調べだしたのはどこかで三項メジアンするとかかる時間が半分になるからと書いてあったからです。結局原典をあたっても実験をしても10%前後くらいしか速くないという結論が出たはずです。それからgwtやjavascriptなどを調べてました。結局使いませんでしたが。
  • 12月 Hackathon。自宅PCと携帯を新調。携帯は非常に役に立っています。会った人の殆どにniconico mobile見せている気が。それからactionscript。

とまあこんな感じでした。いろいろ調べたりしていますが、調べてばかりでなく何かちょっとしたものを作らないといけません。エンジニアなのですから。

それから、書いてあるとおり6月に不幸があったので新年の挨拶は控えさせていただきます。

ふと魔が差して、母校が映っているといわれているアニメを追ってしまいました。1,2は見ていたので9話まで。

これはやばいです。ファンが多い理由がよくわかります。うっかり8→9→8→9話とループしてしまいました。このままではプロダクティビティ低下してしまいます。9話で最終回でよかった。

母校ですが、よく脚色されていまして、校舎はきれい過ぎてよくわかりません。廊下が短いとか廊下の代わりにベランダが出てきたりすれば思い出すのですが。一方外は結構象徴的なポイントが多くてよくわかります。4話Bパートの校庭付近の様子はそのままですね。

Actionscriptでいろいろ嵌っているところはもっと意味不明なところです。スコープとかマニアックなところを書いている場合じゃありませんでした。

  • onKeyUpでキーボードイベントを割り当てても実行してくれないと思ったらFAQでした(参考)
    ただし、onKeyDownやonKeyUpのイベントは、イベントが発生してもそのままではButtonオブジェクトに対してはイベントメッセージが送信されません。イベントを受け取るには、focusEnabledプロパティでフォーカスが当てるか、あるいはaddListener()メソッドを使ってKeyオブジェクトのイベントリスナーに登録する必要があります。
  • MovieClipが表示されない。表示されるサンプルから変更点を探していくと、_width, _heightへの代入をコメントアウトしたら表示されるようになった。いまだにどうすれば_width, _heightに代入できるのかわからない。
  • 長方形を描いたつもりが台形になる。
    追記:次のコードが原因でした。
    beginFill(0x00ff00);
    moveTo(1, 1);
    lineTo(_width - 1, 1);
    lineTo(_width - 1, _height - 1);
    lineTo(1, _height - 1);
    lineTo(1, 1);
    endFill();
    このように書くと、描画中に_widthや_heightの値が変化して、 長方形が崩れます。
  • 変数を渡したつもりがundefinedと表示される。
  • コンストラクタでやるべき仕事なのか、onLoadでやるべき仕事なのかわからない。
  • googlepagesにアップしても形式をちゃんと判定してくれず、ページを開こうとするとダウンロード画面が出る。

なれないActionscriptをこの期間に勉強してみます。四苦八苦してもなかなか画面が出ません。

一休みして本を読んでびっくりしたのは、functionの中の変数のスコープ範囲です。

class Hoge {
  // (1) この部分はfunctionからは参照できない、
  // goHogeの中のvalueの定義を消しても。
  // var value : Number;

  public function goHoge() {
    var value : Number;  // (2)

    // (ry

    otherobject.onRelease = function() {
      // (2)のvalue
      var message1 = value.toString();

      // otherobject.value
      var message2 = this.value.toString();
    }
    // (ry
  }
};

thisのほうは納得しましたが、(1)が参照できないのは納得できません。 クロージャは難しいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。