週に一回は書きますよ 月に4つ記事を書けばノルマは満たされます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝おきて見たところ、make-kpkg は失敗していました。

cc -W(snip) -O3 lguest.c -lz -o lguest
lguest.c:34:18: error: zlib.h: そのようなファイルやディレクトリはありません

しょうがないな。どうもよくみるエラーのようですね。

# apt-get install zlib1g-dev
# fakeroot make-kpkg (snip)
# dpkg -i ../linux-image-2.6.28-7_2.6.28.7-10.00.Custom_i386.deb

なんとかなりました。

あとは/boot/grub/menu.lstが正しく更新されていることを確認して再起動。

起動成功。ath9kがロードされ、ネットワークが使えます。万歳。

スポンサーサイト
  • ワイヤレスがつながらない。
  • ifconfigしたらそもそも存在しない。
  • lspciでドライバチェック: 168C:002a atherosか。
  • ath9k supports Eee PC S101.
  • 2.6.27.8以降のカーネルが必要。Debian lennyは2.6.26
  • カーネル再コンパイル。ってどうするの? そもそもカーネルのオプションすらいじったことがない件。
  • Device Drivers > Network device support > Wireless LAN > Atheros 802.11n wireless cards supportをconfigで導入
  • $ fakeroot make-kpkg --initrd kernel-image
    • ながい。さすがにSDHCのせいかな。

面倒になってubuntu on Eee PC s101に逃げる可能性が20 %くらいあります。

memo.txtに下書きとなって残っているもの一覧。

  • ICPC Japan Alumni Groupの冬合宿の話。とくにMagic Wallsのデータ生成方法。
    • all-pair testについても述べるかも。
  • ASUS EEEPC S101用のDebian Lennyが起動するSDHCカードを作った話。
  • xclipを使ってセレクションを操作している話。最新版のコンパイルに苦労した話。
  • ディアドラエンプティのEx5をクリアしたよー。
  • libunwindのコンパイルエラーの原因を調べる。
  • FF2Aをやってみた。とりあえず最後まで。
    • 当然 'FULLWIDTH LATIN CAPITAL LETTER J' ではありません。
  • The World Ends With Youはまだ途中。
  • 去年のまとめ的に適当にゲームについて書く。

おそらく冬合宿とEEEPC S101の話しか書きません。

google-perftoolsをx86_64で導入するにはlibunwindのスナップショット版が必要です。しかし、./configure && makeしたところ、この最後の人と同じエラーが出てしまいます。

        if gcc -DHAVE_CONFIG_H -I. -I. -I../include  -I../include -I../include/tdep-x86_64 -I. -D_GNU_SOURCE -DNDEBUG  -g -O2 -fexceptions -Wall -Wsign-compare -MT ptrace/_UPT_elf.o -MD -MP -MF "$depbase.Tpo" -c -o ptrace/_UPT_elf.o ptrace/_UPT_elf.c; \
        then mv -f "$depbase.Tpo" "$depbase.Po"; else rm -f "$depbase.Tpo"; exit 1; fi
In file included from ptrace/_UPT_elf.c:4:
../include/libunwind_i.h: In function ‘print_error’:
../include/libunwind_i.h:271: 警告: ignoring return value of ‘write’, declared with attribute warn_unused_result
In file included from /usr/include/stdio.h:906,
                 from ptrace/../elfxx.c:27,
                 from ptrace/_UPT_elf.c:5:
/usr/include/bits/stdio2.h: トップレベル:
/usr/include/bits/stdio2.h:172: error: expected identifier or ‘(’ before ‘{’ token
make[2]: *** [ptrace/_UPT_elf.o] エラー 1

libunwind-mailing listを見てもそれらしいコメントがありません。git reposを覗いてみたけどこれもコンパイル通りませんでした。

だいたい何故stdio.hの中でこけるのか。いまいち意味がわかりません。

http://twitter.com/kinaba/status/1210117338

かなり前の話ですが、母親にFIFOを教えたところ、野菜果物を取り出すときに「ファイフォー、ファイフォー」と歌いながら古いほうから取り出すようになりました。

配列をソートする際の各要素の平均移動距離が気になりました。N→∞でなら積分が使えて、全体の長さの1/3と求まります。 詳細はhttp://chasen.org/~taku/blog/archives/2007/02/post_822.htmlなど。

この値、正確にはN/3ではありません。たとえばN = 1ならソートする必要がないので移動距離は確実に0になります。N=2なら1/2になります。N/3としたときの誤差はどの程度あるのでしょう。

適当に計算したら正確な値が出ました。移動距離は(N2 - 1)/3N、全体の長さNで割ると 1/3 - 1/3N2になります。

予想より誤差が小さくて安心しました。ひょっとしてN/3 - 1とか、あるいはN/3 - √Nとかになるのではと心配していたので。

see bikeshed

cerr << distance<vector<T>::const_iterator>(v.begin(), it) << endl;

長い。

  • const_iteratorでループしたかった。
  • const_iteratorからindexを取り出すにはstd::distanceを使う。
    • vectorの場合はただ引き算してもよい。
  • std::distance(v.begin(), const_iteratorのなにか)は呼べない。型の不一致。
    • 型キャストするか型を指定すればよい。

引き算するのが勝ち組です。

日記の引用タグが面倒です。

<div>
<blockquote cite="URL">
引用の内容
</blockquote>
<div><cite><a href="URL">記事の名前</a></cite></div>
</div>

ある程度適切にマークアップするとこんな感じでしょうか。citeとaのどちらを外にしたらよいのかわかりませんが。ついでにdivに属性を割りあててスタイルを付けるとか面倒。

これ、URLと内容と引用表記とを適当にマークアップすると上のように整形してくれるスクリプトを書いた方がよいですね。どうマークアップしたらよいかわかりませんが。標準的なwiki記法では引用はどう書くんでしょう。

さらに、引用を次のようにしたいとか言いだしたら文法が悲惨なことになる気がします。どうしたらよいのか。

  • http://どこか
    • via http://上の記事を参照しているブログ
    • via http://ひとつ上のブログを参照しているブログ

ちなみにもっと面倒なのは数式表記でした。これはもうあきらめて手で整形します。

「素数はそれ以上分解できない」という意見がいくつかありました。

素数を素因数分解できない人は、例えば

任意の自然数Nについて、これを
N = Πpkak (pkは素数)
と素因数分解するとき、この自然数の約数の和Sは
S = Π((pkak + 1 - 1) / (pk - 1))
となる。
と簡単に言えなくて、Nが素数の場合とそれ以外の場合で場合分けをする必要があります。かわいそう。


追記@2/7/2009:二番目の式が激しく間違っていた(N = とか書いていた)ので修正。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。