週に一回は書きますよ 月に4つ記事を書けばノルマは満たされます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://d.hatena.ne.jp/mowamowa/20070215/1171507215
http://d.hatena.ne.jp/mowamowa/20070215/1171526531
あたりから。
ながくなりましたのでTBでコメントします。

まず私のいつもの考え。ブログ記事って完成した記事、特定の事柄について、その先行研究やら関連研究やらを含めてすべてのことを調べた記事を載せる必要はないと考えています。確かに調査の行き届いた記事のほうが役に立ちます。しかし(少なくとも私の)ブログは、そこまでしなくても、むしろ調査が中途半端で突っ込みを入れてもらって考えが深まるくらいでよいと考えています。ブログは書いたものがすべてではなく、書いた結果書き手が進歩できればよい、位の立場です。

まあ気楽に行きましょうやということです。

で、もわさんのはじめの記事についてです。
この記事は"再生産"、よそにあることと同じことを書くことを一部肯定しています。しかし記事の話の進め方として、
「再生産は有害に見えるものの、必ずしも悪ではない」
の「有害に見える」の部分に疑問を持ちました。一般的には人と同じことしか書いていないということは有益ではないです。しかしブログにおいては違うと考えています。そして、このもわさんの文章はブログをターゲットにしているように読めたので、ブログだったら同じことを書いてもいいんじゃないのかと気になりました。

ここでさらに、私は
「おそらくもわさんはそこまでブログに厳しいわけではないだろう。で、それでもこういうことを書くということは、予想するにどこかでこういう"再生産"が非難されていて、再生産を擁護するために書いたのではないか。」
と推測しました。立場としては
「何か問題がありそうなら、何が問題か考えよう」
という感じです。
そして、その事件のようなものがあるのかな、とコメントを書いたわけです。
「なんか火元を指してもらうのも野暮/延焼の危険があるかも」
とか思って、適当に濁しましたが。
> 逆説的に考えれば、普段の話は全部バックグラウンドがあるもんだと理解されているわけですね。いや正しいんですが(^^;

そんな感じです。正確にはちょっと違うかもしれませんが、安全な側に倒したとでもいいましょうか。バックグラウンドがないならば別に何も問題はない。しかしもしバックグラウンドがあるなら、そこには私にとっても危険があるかもしれない。

結果的に深読みしすぎです。

そうそう、こういう話に対しては誰かが言ったうまい言葉があります。

「車輪の再発明」は骨折り損のくたびれもうけだが、「車輪の再生産」はしないと車が作れない。


まとめると、理由なく書かれた記事に理由なくコメントするのも快適だなぁ、と。


ここまでだとはじめの方だけについてしかコメントしてないので後のほうについてもちょっと独り言。ひとりごとですよ。
ソフトウェアだとJoelが助けてくれます。
"Listen to your customers, not your competitors."
研究だと話はだいぶ違います。これは文字通り車輪の再発明m9(^д^) となります。
ブログだと、「その話はもうすでに40年前にありますよ」という書き込み自体がありがたい、と私は思います。だって読者が私の代わりに先行研究を調べてくれるんですよ。
この手法を推し進めると、ポールグレアムになりますね。正直やりすぎだとおもいますが。
まずここで最初に発表したいのは、研究論文の遅延評価アルゴリズムの発見だ。書きたいことをただ書いて、既存の研究を一切引用しないでおく。すると、熱心な読者が全ての引用すべき文献への参照を送ってくれるんだ。「スパムへの対策」がSlashdotに取り上げられた後に、私はこのアルゴリズムを発見した。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そもそも最近の私の姿勢はじょえるの発言が下地になってますからねぇ。上の話も一度読んでいる気がします。影響受けまくりなのです。

ポールさんのその発言も読んだ気がします。こっちの影響はあまり受けたくないですね(酷

書く側の態度としてはメモとして書いているのですが、読んでいる側がそう思ってないケースに対する予防線の意味もあると考えていただければと思います。

はてなで書いてみて前以上に実感するようになったのですが、私のメモ書き以上の意味で深刻に捉える人がやはりいるのですよね
2007/02/16(金) 19:58 | URL | もわ #3/VahA2g[ 編集]
確かにはてなとか見ると、見えなかった読者が見えてきますね。この辺は想像できませんでした。うーむ。
2007/03/01(木) 23:57 | URL | Gus #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gusmachine.blog49.fc2.com/tb.php/145-b8834ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。