週に一回は書きますよ 月に4つ記事を書けばノルマは満たされます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイスティーを頼んだら、アイスティーとガムシロップと、それから牛乳の入った小さなポット(?)が出てきました。

そのままガムシロップ、牛乳をアイスティーに入れて混ぜると、よくガムシロップの一部が底にたまってしまいます。

ここでふと思いついて変な行動を取りました。まずガムシロップを牛乳に投入してよく混ぜます。そしてこれをアイスティーに注ぎました。すると、とけ残りもまったくないミルクティーができました。めでたしめでたし。

なんでこの行動はうまく行ったのでしょう?ガムシロップをアイスティーに投入すると溶け残りが多く、ガムシロップを牛乳に溶かしてから投入すると溶け残りが少ない。この差はどこからできるのでしょう?

確かにうまく行くような気がして、さらにそれは成功したのですが、その理由を説明できません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gusmachine.blog49.fc2.com/tb.php/165-69e89176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。