週に一回は書きますよ 月に4つ記事を書けばノルマは満たされます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日UTPCに参加していました。

解いたのはAB(2)DCEJF(4)G(3),時間30分後にIを提出。間口を広げるためか、A-D,E-F,G-Lで難易度が明らかに違います。私のやったことは追記に。

懇親会まで参加してしまいました。駒場生が多い。年が五つ以上違うとは。

聞いたこと:
  • サイズが9とかだったらとりあえずnext_permutationするtopcoder脳
  • 某サイトにICPC動画が
  • A:審判システムの様子を見ながらほかの問題を眺めるとか。
  • B:素因数分解をする際に、素数を10000までしか用意していないのに、最後の商を素数として扱うのを忘れた。結果真の約数の和が負になりました。
  • D:周囲を鉄の壁で囲む。
  • C:向聴数を数えるプログラムを書いたことがあれば簡単。
    typedef char Color;
    typedef map<Color, multiset<int> > Hand;
    を書いて頭から見る。再帰で書くと楽でした。
  • E:しばらく解き方がわからなくてうろうろしました。実に簡単なのですが。
  • F:書いたら通らない><。許容される長さを2048にしたバグはすぐ直しましたが、長すぎるときのメッセージを"Too complex"と間違えているというバグには全然気づきませんでした。
  • J:Fが通らず、そのほかの問題がわからないので、とりあえず書き方がわかるJを。優先度つきの計算式パーサは昔書いたことがあったので楽勝。再帰降下で解きました。
  • G:端っこから偶数個はなれたところにあるエネルギーだけが溜められると気づいて、奇数番目は高々40個溜めればいいとして[端からの距離][奇数番目のエネルギー]でDP→偶奇で場合わけするコードでミスってWA→そもそも80 x 80 x 4のテーブルを作ってもよいことに気づいてコードを簡略化してAC。
  • I: v=(A,B,どちらのターン)から何ターンで終了するのかを計算。終了までたどり着かない場合は、Nターン以上かかるとして、計算を繰り返してNを大きくする。終了時間確定するノードがなくなったら終了。
    • よく考えたらメモつき探索とやっていることが同じでした。
  • K:時間中にわかったのは基地は高々4ということだけでした。後で場合わけが非常に簡単であることが発覚。秀逸な釣り問題。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gusmachine.blog49.fc2.com/tb.php/357-48b652ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。